蔦屋家電を軸とした商品調達を-キカクノキッカケ

f:id:kwnbttt:20210921143245j:plain

企画会社CCCがこれまで手がけてきた企画の数々。

そんな一つひとつの企画の裏側に隠された「一人のアイデアがやがて事業へと成長するまでのストーリー」に光を当て、お伝えする「#キカクノキッカケ」。

今回は、 蔦屋家電エンタープライズで美容家電バイヤーとして働く上村さんのインタビューをお届けします!

今回のキカク人

上村 智美さん

2016年新卒入社。1年目はCCC MARKETING株式会社で営業を担当。2年目から当時販売していたCCCのオリジナルコスメCuの販促を担当し、4年目から蔦屋家電エンタープライズの美容家電バイヤーとして従事している。

データを根拠に提案したい

――上村さんがCCCに入社したきっかけを教えてください。

学生時代にカフェでアルバイトをしていました。その中で商品のオススメをする際に、押し売りはしたくないと感じていました。できるだけその人の好みを把握して、その人にとって適切な商品を販売したい。それができたら、お客さまにとっても買い物がより楽しくなるのではないかと考えるようになりました。そのことを実現するにはデータを扱う会社がいいと思い、就職活動ではデータを扱う企業を中心に探していました。

CCCとは、Tカードから得られるビックデータを持っている会社として出会いました。最終的に決めた理由は、データを扱っていることはもちろんですが、事業の幅が広いということです。これから働いていく中で、もしかしたら他のことにも興味が出てくるかもしれない。そんな時にCCCなら会社にいながら幅広い分野で挑戦できると思いました。

営業、販促そして美容バイヤーと幅広い事業・職種に挑戦

――入社してから取り組んできた業務を教えてください。

最初の1年半は、Tポイントの営業を担当していました。営業ということもあり、ビジネスマナーを叩き込まれました。また、社外の方とお会いする機会も多かったので、マナー以外にも営業として大事にすべきことやコミュニケーションの取り方なども勉強しました。当時は覚えることも多く、業務をこなすことが大変でしたが、今の私の社会人としての土台を作ることができたと思います。

2年目の下期からビューティー&ヘルスケアの部門に異動し、Cuオリジナルのコスメ商品の販促企画を担当していました。毎月販促のイベントを企画し、蔦屋書店で販売するための売場づくりなどをしていました。元々美容が好きだったこともあり、自分としては新しい挑戦ができる貴重な機会でした。商品をお客さまになかなか知ってもらえないことや、書店でコスメを販売する難しさなど、大変なことはたくさんありましたが、展示会へ行って勉強したり、専用の什器を作ったりと、日々奮闘していました。その後4年目からは蔦屋家電エンタープライズで美容家電バイヤーとして働いています。

ここでしか試せない商品の提案ーキカクノキッカケ

f:id:CCC_RECRUTING:20210713192120j:plain

蔦屋家電エンタープライズは「最新家電テクノロジーを通じた『ライフスタイル提案』」をコンセプトに商品調達をしている。担当の美容家電では、エステサロンにしか売っていないような商品を、気軽に来店できる店舗で販売することで、お客さまが新たに商品を知る機会、試す機会の創出をしている。

――ライフスタイルを変える美容家電の提案をするために心掛けていることを教えてください。

クオリティが高く良い商品を、多くのお客さまに知っていただく機会を創出し、お客さまもメーカー様も喜ぶ提案をしたいと日々思いながら働いています。メーカー様にとっても価値のある売場を作るために、1つ1つの商品がわかりやすく魅力的に見えるような売場づくりを。またメーカー様がされるのと同じ説明を、店舗のスタッフでも全ての商品に関してできるように勉強会を行うなど、接客にも力を入れています。以下の写真の商品も、今まではエステサロンでしか購入出来なかった商品ですが、昨年から取り組みを始めさせていただき、現在はエステサロン以外ではCCCグループ店舗でしか購入できない限定商品です。

f:id:CCC_RECRUTING:20210713192025j:plain

――バイヤーとして大切にしていることを教えてください。

当たり前ですが、導入する商品は全てまず自分で試しています。そしてとにかく頻繁に売場にいて、お客さまの様子を見ることを大事にしています。店舗のメンバーからの意見を聞くことも必ずしています。また商品の露出を増やすために、広報のメンバーにも体験してもらってより幅広いお客さまへオススメできるような環境を作っています。これからの新しい提案をするためには、常に雑誌など様々な媒体から世の中の動向を掴み、その中で気になったものをまずは1つ導入して挑戦をしてみる、そして反応を見ながら増やしていくことで常に新しい生活提案をできるように心がけています。

f:id:CCC_RECRUTING:20210713192043j:plain

実際に売り場で体験しました!

人脈や情報を掛け合わせて企画できる環境

――最後に上村さんが感じるCCCの良さを教えてください。

私は、色んな職種を経験することで、さまざまなスキルを身に着けることができました。そして、そこで出会った人達との人脈が今の仕事に活きているなと感じています。例えば店舗にいて自分がデータを分析している中で、もっと詳しくデータから読み取りたい時はマーケティング部門で働いていた時のメンバーに相談したり、販促で困った時はコスメの時のメンバーに相談したり。人の知識や情報を掛け合わせてより良いものにしていけること、そしてその人たちがみんないい人なのがCCCらしさなのかなと感じます。