CCC×デジタル広告でお客さまの課題を解決する ー若手のリアルVol.14

f:id:CCC_RECRUTING:20210410153901j:plain

CCCで活躍している若手社員のインタビューを連載する「#若手のリアル」

今回はCCCマーケティング株式会社(以下、CCCMK)マーケティングソリューション デジタルメディア推進部門で働いている清水さんのインタビューをお届けします。

今回の若手社員

清水 愛奈さん

2020年4月に新卒入社。CCCMK マーケティングソリューション デジタルメディア推進部で、Web広告の運用業務に従事している。

人を笑顔にする手段は?

――就職活動はどのようにしていましたか?CCCに興味を持ったきっかけを教えてください。

私は人の笑顔が好きで、誰かを笑顔にするために行動したい、働きたいという思いを持って就職活動をしていました。お客さまの笑顔になる瞬間をサポートできるような、旅行業界やウェディング業界を就活当初は見ていました。そんな時に大学の授業で、マーケティング戦略によって人の心が動いたり、会社が変わっていったりすることを学び、マーケティングに興味を持つようになりました。

さらに当時、飲食店のオープニングのアルバイトをしていたのですが、立地が厳しく知名度もなかったからお客さまに全然来ていただけず、スタッフがどんどん辞めていってしまう状況を経験しました。その中で私は、お店の料理が美味しいということを多くの人に知ってほしいという気持ちから、SNSで発信をしたり、チラシを作成したりしました。その結果、お店にだんだんお客さまが来てくれるようになり、お店で働いている人も、自分もお客さまも笑顔にすることができました。

この経験から、マーケティングというアプローチで人を笑顔にできることに気付き、マーケティング事業をしている会社も探し始めました。そんな中「世界一の企画会社」というビジョンを掲げ、多くの企画を形にし、たくさんの人々を笑顔にしているCCCのことを知り、面白そう!と興味を持ちました。

――最終的にCCCを選んだ理由を教えてください。

膨大なデータを保有している点や、多岐にわたる事業に取り組んでいるといった点も理由ではありますが、中でも人の良さが一番の決め手でした。

就活で一番始めに選考が進んでいたのがCCCだったので、最初はとても緊張していたのですが、人事の方を含め面接官である社員のみなさんがとても柔らかく、こちらの話を真剣に聞いてくださったことが印象的でした。特に最初の面接の時には、就活の不安についても聞いてくれ、更にアドバイスまでくださって…。選考を重ねるごとに、自然とこの方々と一緒に働きたい!と強く思っていきました。

背中を押してくれる環境で、自分なりに頑張る日々

f:id:CCC_RECRUTING:20210330200413j:plain

――現在の仕事を教えてください。

CCCMKのデジタルメディア推進部門で、Web広告の運用や、代理店からの掲載可否などの問い合わせへの対応等を担当しています。CCCMKの営業担当者が獲得してきた案件に対して、クライアント様の希望にできるだけ添えるように運用をするのが、主な私の仕事です。

――入社して最初に大変だったことはどんなことですか?

初めはメディアについて詳しいわけではなかったので、とにかく1から勉強の毎日でした。その中で一番難しかったのは、「T」のブランドを守っていくための、掲載に関するルールが膨大にあり、且つそのルールの変更が早いことです。ルール変更をタイムリーにしっかり捕捉し、対応を変化させていくことが最初の壁でしたね。

――仕事を通して、やりがいを感じた経験を教えてください。

12月に、初めてクライアント様に提案の営業をしました。提案2週間前に突然上司から「清水さんいってみようか」と言われて(笑)。社外の方にお話をするのも初めて、資料作成も初めて、更に提案内容も新しい媒体の説明で、とにかく緊張する要素ばかり。最初は不安ばかりが募りました。

そこで、クライアント営業を担当している同期に相談をして、どのように説明をしたら相手に伝わるのかなどを聞いて勉強をしました。色々聞いたのですが、丁寧にポイントを教えてくれて、本当に心強かったです。また上司にも、しつこいくらいたくさん確認をしました(苦笑)。自分なりの営業を行いたいという理想はありましたが、今回は初めてですし、「伝えたいことをちゃんと伝える」という目標を立て、なんとか無事に終えることができました。

終わった後は達成感がありましたね。また、上司含めチームの方々も、「失敗してもいいから清水さんのやれることをやっておいで」と常に背中を押してくれて、本当にいい経験をすることができました。

――働いてみて、ギャップはありましたか?

入って2日目からリモートワークだったので、想像していたOL生活は正直できていないですね(笑)。仕事の合間にランチをしに行ったり、終業後にご飯に行ったりという機会があまりなく最初はがっかりしましたが、今は自分から先輩に声を掛けてどんどん交流したいなと思っています。

力をつけて、次のステップに進んでいきたい!

――最後に、今後の夢を教えてください。

私はファッションや美容、旅行に興味があるので、いつかはそういう分野に携わり、チャレンジしてみたいなと思っています。そのためには、今携わっている業務をまずは自分の強みと言えるように知識を増やし経験を積んで、自分の自信にしていきたいと思っています。

インタビュー担当社員のひとこと

インタビューを通して、ずっと笑顔で受け答えをしてくれる清水さんが素敵でした!やりがいを感じたエピソードの時は、緊張してこんなに足が震えるんだと思ったと話してくれましたが、それも乗り越えて今の業務にコツコツ前向きに取り組んでいる姿に刺激を受けました!またインタビュー後は一緒にランチに行く機会もあり、後輩と交流できて私も楽しかったです。