様々な仕事に挑戦できる環境。-若手のリアルvol.5

f:id:CCC_RECRUTING:20201127185008j:plain

CCCで活躍している若手社員インタビューを連載する「#若手のリアル」

今回は、入社3年目で株式会社Tポイント・ジャパン(以下、TPJ)デイリーユースコンサルティング部門でスーパーマーケットのコンサルティングを行っている簗場美緒さんのインタビューをお届けします。

今回の若手社員

簗場 美緒さん

2018年4月CCC新卒入社。SHIBUYA TSUTAYAでの店舗勤務を経て、2年目からはTPJデイリーユースコンサルティング部門でスーパーマーケットの担当をしている。

やりたいことは、成長とともに変化していく

――CCCを知ったきっかけを教えてください。

就職活動で悩んでいた時に、出版社で働いている親戚に相談したところ、業界で注目している会社としてCCCを教えてもらいました。そこからホームページを見て調べていく中で、色々やっていてちょっと何やっているかわかんない会社だな、でもそこが面白そうと感じました。それなら、面接の段階でヒアリングしていこうと思い、選考にトライしました。

――そこからCCCを選んだ理由をお聞かせください。

学生時代から自分は色々なことに興味があり、やりたいことが変わっていくなと感じていたんです。そして働いて色んなことを吸収して、成長していく中でやりたいことはますます変わっていくんだろうなとも思っていました。だからこそ、社内にいながら転職のような幅で様々な仕事に挑戦できるCCCで働きたい!と思ったんです。

チームで働くことの楽しさ

――現在のお仕事を教えてください。

現在は、TPJデイリーユースコンサルティング部門でスーパーマーケットの担当をしています。その中で、私は主に食品メーカー様と協力しながら商品の販促や、媒体を使用した施策の提案をしています。また、現在行っている企画として、Tポイントのデータを使用してスーパーマーケットで販売をするお惣菜の開発にも携わっています。

――働いていく中で、やりがいを感じた瞬間はありますか?

お惣菜の開発は、チームで分析をして提案したことが新商品の開発に反映され、それが実際に発売された時はやりがいを感じましたね。また、開発後もデータを分析するだけではなく、グループ会社である出版社と協力して試食会も行いました。そうすることで購買データだけではなく、お客さまの実際の声を聞きながらPDCAを回せるため、お客さまのニーズをより深くまで考えることができ、そこにやりがいを感じています。また、私たちは普段チームで動いています。データを分析する人、営業としてクライアントと対峙する人などと分業はしているのですが、それぞれが相互に協力し助け合い、良いものを作り上げる。そのプロセスにも喜びや楽しさがありますね。

お客さまのことを常に考えているところは一緒

f:id:CCC_RECRUTING:20201127182752j:plain

――働いている中でCCCらしさを感じた瞬間はありますか?

同期との会話で自分の知らないことを知ることができ、日々新しい発見を得られることはCCCらしさなのかなと感じています。同期は、オフィスや店舗、また地方で働いているメンバーもいて、皆それぞれ別の仕事をしています。しかし同じ仕事はしていませんが、共通点はあると思っています。それは、お客様のことを考えながら仕事を行うということです。店舗でもオフィスでも、私たちは常にお客さまのことを考えている。なのでどんなに違う仕事をしていても会社として一体感があるように思います。

――最後に簗場さんが今後CCCで挑戦したい夢を教えてください。

海外の空港に蔦屋書店を作りたいという夢があります。学生時代から旅行が好きで、よく蔦屋書店で旅行本を読んでいました。その時に、空港でも旅行本を読みながら旅の計画が出来る蔦屋書店があったらいいなと思ったのがきっかけです。いつかこの夢に挑戦するために、今は営業力を身に着けて、日々夢の実現に近づけたらと思っています。

インタビュー担当社員のひとこと

簗場さんのインタビューを通して、CCCらしさの部分に非常に共感できました。特に、それぞれ別の仕事をしていても、お客さまのことを考えているという共通点を持っているのは、私も同期との会話の中で感じています。また、入社当時からの夢のために日々努力している簗場さんはすごくかっこよく、刺激を受けました!