自分自身がワクワクする企画を生み出す。―若手のリアルVol.2

f:id:CCC_RECRUTING:20201106090533j:plain

CCCで活躍している若手社員インタビューを連載する「#若手のリアル」

今回は、入社4年目でCCC MARKETING HOLDINGS株式会社(以下、CCCMKHD)の IT部門で、社内外問わずCCCのサービスを支えている佐藤義輝さんのインタビューをお届けします。

今回の若手社員

佐藤 義輝さん

2017年4月CCC新卒入社。CCCMKHDのIT部門に所属し、IT分野からTポイント事業を支えている。

 枠にとらわれずいろんな企画ができる会社

ーー佐藤さんの就活生時代とCCCを知ったきっかけを教えてください。

私は就職活動で広告業界、特にPR企業を見ていました。私自身の就活の軸として、新しく作り出したものを、様々なプラットフォームを使って「世の中を楽しく面白くしたい」という思いがあったのと、リアルのプラットフォームに縛られず、イベントやCM等「アプローチできる幅広さ」に魅力を感じていたからでした。

そんな風に就職活動を進めていた中、サークルの先輩からの紹介でCCCを知りました。その先輩はCCCで当時、宿泊施設の立ち上げ企画を担っていました。先輩から話を聞くうちに「CCCは若手社員に裁量を与えて面白い企画を次々に実行している会社なんだ」と、TSUTAYAやTカードのサービスのイメージしかなった私は、とても刺激を受けました。枠にとらわれず、いろんなジャンルの企画ができる点も魅力に感じました。そして、その環境に身を置くことで、企画のノウハウを学びながら、またその実現ができるのではないかと思い、入社を決めました。

ーーこれまでのお仕事と今の仕事内容を教えてください。

1年目は広島 エディオン蔦屋家電にあるカフェのお店運営を担当しました。そこではヒト・モノ・カネについて基礎から学び、お客さまが何を求めているのか、CCCとして何を提供できるのか、企画を行う上での土台部分を経験をさせていただいたと思っています。

その後2年目から現在までCCCMKHDのIT部門に所属しています。主な仕事は『Tポイントを安全に運用できるシステムを担保すること』『Tポイント加盟店様のシステム面への対応』です。新規導入時にシステム説明やテスト対応を実施したり、Tポイント加盟店様が実施したい企画をシステムを使って実現する際に、どうアプローチ出来るか相談に乗ったりしています。また、年に1,2回ポイントシステムのアップデートを担当していますが、社内の色んな方にお世話になってるのでこの場を借りて感謝を…。いつもご協力ありがとうございます!

年次関係なくやればやるほど成長・活躍できる環境

f:id:CCC_RECRUTING:20201103233259j:plain

ーー今のお仕事でのやりがいはなんですか?

まず、IT分野は私自身足を踏み入れたことのない未経験領域でした。しかし上長や先輩社員からしっかりと基礎を教えていただきましたし、わからないことがあってもすぐに聞いて習得するようにしています。勉強すればするほど楽しいと思えますし、ITはこれからの時代、ますます求められる分野だと思いますので、そういった側面からもIT技術を身につけたい!という気持ちで日々奮闘してます。

また、自身で作ったプログラムで業務時間を効率化出来たときは達成感がありました。まだ簡単なプログラムしか作れないですが、プログラムのことを自分でも勉強して、動かしてみて失敗する度に改善してみて、、、最後に想定通りの挙動をしてくれた時は、自分の業務時間も減らせるし、元々IT知識ゼロでITらしいことは何にも出来なかった頃からの成長を感じて、1人で余韻に浸ってましたね。

このように、アウトプットで成果が見えるのはやはりやりがいを感じますし、それによってお客さまの課題解決につながったときは、さらに嬉しいです!

――佐藤さんがCCCらしさを感じる瞬間、そして今後CCCで挑戦したいことは何ですか?

CCCは私が就活生のときに感じていた通り、若手にどんどん仕事を任せてみる風土があります。私自身も、まだよく知らないシステム周りの案件を任されたりするので、自分に足りないところを考えて、どう動くかを考える「思考力」が鍛えられているなと感じています。待っていても仕事が出来るようにはならないので、何をするにも主体的に動くことが大事だなと日々痛感しています。今後は、この「思考力」「主体性」をいかして、新規事業や新しいサービスを生み出すことをしてみたいですね。まずは自分自身が納得できる、ワクワクする企画に携わりたいです!

インタビュー担当社員のひとこと

佐藤さんのインタビューを通して、CCC社員としてお客さまのためになにができるか、そしてそれに答えられるようになるには自分には何が必要なのか、それをとことん追求する姿勢の大切さを改めて感じました。また佐藤さんのワクワクしながら未来を語る姿に、私自身とても刺激を受けました!